FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.09 騒がしい
元旦からのシアワセ~な数日から一転、なんだかまたもやKinKi界(なんだそりゃ・笑)は騒がしいですねぇ。
LUSHの売り切れ騒動ならまだ可愛らしいモンですが、そんなことじゃなく、またまたファンがネット上で引き起こす騒動ですか(ため息)

私自身、最近は色々なうっとおしい意見を見るのが嫌で自己防衛のために自分の気に入ったブログ、サイト様くらいしか訪問しませんが(それすらほとんど時間がなくて悲し~い・涙)それでも、登録してるメルマガさんとか、お友達とか、いろんな話が舞い込んできます。

以下、KinKi元旦騒動絡みの私の気持ちです。
そんなもん、うっとおしいし気持ちが引きづられるから読みたくないという方もいらしゃるでしょうから、隠します。
読みたい方だけ、どうぞ。



さて、では以下はKinKiの元旦ちゅーに絡んだ騒動話です。
読みたくない方は直ちにお戻りくださいませー。

KinKiの今年の元旦コン。
私自身はとってもとっても楽しく、シアワセーな時間を過ごしました。
ツヨっさんも光一さんも、ソロとしての活動も、グループとしての活動も、今年もきっと充実したものになるだろう、ということを予感させてくれるステキな時間でした。
ツヨっさんから光一さんへ、お誕生日おめでとうと、10年間(正確にはそれ以上ですが)ありがとうの気持ちと、これからもずっと一緒に頑張っていこうね、の気持ちがこもったたくさんのちゅーがあったし、それを光一さんが若干(いやだいぶ・・・?笑)の動揺と、嬉しさとをもって受けとめていたように感じました。
想定外の動きに弱い光一さんからツヨっさんがたくさんの表情を引き出してくれて、ついでに仕掛けたツヨっさんまで若干おかしなテンションになって。二人してグダグダで(笑)
あの二人だからこそお互いに引き出せる、普段は見れない表情をいっぱい見せてもらいました。
そんな二人がめちゃくちゃ可愛らしくて愛おしくて。
愛おしすぎて切ないって、こういう気持ちを言うのかーなんて思っていたんですが。


そうではない方もいるんですね。
私が目にしたのは某オンリーさんが、ソロコン実現のために、あんなコンは見たくなかった、男同士のちゅーなんて気持ち悪いだけだ、KinKiとしての活動ではなく是非ソロコンをという要望を事務所に送ろう、と呼びかけているものでした。
他にもいろいろあるらしいですね。

二人のちゅーに対して、批判的な方がいるのは、当然かな、という気もします。
KinKiってちょっと特殊なグループで、事務所初の二人組み、男同士。
人間失格のドラマではちょっとキケンな香り(言い方ふるっ・笑)のする役どころで。
事務所としても、初めの頃はそういうの、チラっと匂わせるような売り方をしていたと思います。
だからかな、自分を含め、昔からのファンというのは、そういうのに慣れているというか、そういう仲良し表現も全然OK、な人多いですよね。
でも、最近ファンになった人はそうではないかもしれないし、そもそも男同士のちゅーは拒否反応が出る!という人がいてもおかしくはない。
だから、私もみんながみんな「元旦最高に楽しかった!」」ではないだろうとは思います。

でも、「自分は嫌だった」という気持ちを、KinKiを否定して、ソロ活動に向かせるための手段にするのはどうかと思うんです。
二人がどういう気持ちであのステージに立っていたのか。
いつもファンにありがとう、って言ってくれる二人に、感謝こそすれ、コン自体を批判し、コンどころか、グループとしての活動も批判する。
二人して組むと嫌な面ばかり見るから、ソロ活動だけ見たい・・・なんて。
そんなこと事務所に訴えたら、自分の好きな人が悲しむだけじゃないのかな?
あの日のツヨっさんの笑顔、光一さんの笑顔が、偽物だった、とその人たちは思うのかしら。
とっても不思議で、私にはよく分からない感覚です。

そういう要望を出す人だって、どっちか片方のファンではある訳で、きっと愛あるが故の暴走なんだとは思うのですが。
愛の表現の仕方が、ものすごく一方的な気がします。
自分の気持ちありき、なんでしょうか。まずは大好きな人の気持ちありき、なんじゃないのかな。


そんなことを考えるここ2、3日です。
というか、相方攻撃型オンリーやアンチに関しては常にそんなことをモヤモヤと考えさせられています。
今回のことに関しては事務所がそんな要望をさらっと流してくれることを期待しますが、どうでしょうね。
念のため、自分に出来ることはしておこう、とは思っています。
今回のコンサート、特に元旦コンは本当に楽しかったし、二人がますます大好きになったこと。39イベントでは二人が私たちにありがとうの気持ちを示してくれたけれど、今回はそれとはまた別に、二人の相方への想い、そして私たちへの想いがいっぱい表れていて、素敵だったこと。
そんなことを事務所やJE、FC会報、KinKiコンを掲載してくれた雑誌宛てに綴って送ろうと思います。批判的な意見には触れずにね。
あ、あとちゃっかり便乗で元旦コンDVD化希望も書かなくちゃ。(しかもMCノーカットでお願いします・笑)
民主主義の世の中ですから、そんな好意的意見が数で批判的意見に勝れば、事務所も二人も素直にそう受け取ってくれるかな、なんて思うのですが。
類は友を呼ぶからでしょうか、私の周りでは実際に批判的な意見を言っている人がいないので、批判的意見を言う人がどのくらいいるのかは分かりません。
でも少数派であるといいなーと祈っています。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://endlicheri244.blog62.fc2.com/tb.php/685-952fcebb
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。